歯周病治療

歯周病で歯を失わないように

歯周病で歯を失わないように

歯周病は、歯垢・歯石の中に棲息する歯周病菌が歯の周りの組織に炎症を引き起こす病気で、実は日本人が歯を失う原因の第1位でもあります。初期の自覚症状が乏しいため、気付かないうちに進行してしまうのが歯周病の厄介なところ。放置すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病のサイン

・歯茎がむず痒い・ブラッシングをしていると歯茎から血が出る・歯茎が赤く腫れている・朝起きたとき、口の中がネバネバする・口臭がある・歯茎から膿が出る・歯がグラグラする

このような症状があれば、歯周病にかかっている可能性があります。お早めにご相談ください。

インプラントと歯周病
インプラントと歯周病

歯周病は、歯茎や顎の骨を破壊する病気です。インプラントは、顎の骨の状態が良好でないと埋入できませんので、歯周病の方はインプラント治療の前に歯周病を治さなければいけません。

また、インプラントを入れてからも歯周病には注意が必要です。適切なメインテナンスを行わないとインプラントの周囲に歯垢が溜まり、歯垢に棲み付く歯周病菌が繁殖して、歯周病と同様の症状を引き起こす病気「インプラント周囲炎」になってしまうおそれがあります。インプラント周囲炎が進行すると顎の骨が溶かされ、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎にならないように・・・

せっかく手に入れたインプラントを使い続けていくためには、ご自宅での毎日のブラッシングと歯科医院での定期的なメインテナンスが重要です。当院は、優れたテクニックを持つ歯科衛生士を中心に、高精度な予防管理システムを整えていますので、ぜひ口腔内の健康維持にご活用ください。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯茎に炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯茎が腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯茎の腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯茎が下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯茎の境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。

歯周病の治療法

ブラッシング指導
ブラッシング指導

歯並びや歯の大きさに合わせた、適切なブラッシング方法を指導します。毎日のブラッシングは歯周病治療の基本です。どんなに丁寧に磨いていても、間違った磨き方では汚れが残ってしまいますので、まずは正しいブラッシング方法を身に付けることが大切です。

スケーリング・ルートプレーニング
スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという器具で、歯の表面にこびりついた歯石を除去します(スケーリング)。その後、スケーリングでザラザラになった歯の表面をツルツルに磨き上げる処置を行います(ルートプレーニング)。

歯周外科治療
歯周外科治療

歯周病が悪化するとブラッシングやスケーリング・ルートプレーニングでは改善できません。歯茎の内部の歯根にこびり付いた歯石を取り除くために歯茎を切開して、しっかりときれいにします。

GTR
GTR

歯周病によって溶かされた顎の骨などの組織を再生させる治療法です。切開した歯茎を縫合する際に特殊な膜を設置することで、歯周組織の再生の邪魔をする歯肉の侵入を防ぎ、スペースを確保して再生を促します。

エムドゲイン
エムドゲイン

歯周病によって溶かされた顎の骨などの組織を再生させる治療法です。切開した歯茎を縫合する際に、エムドゲインというたんぱく質の一種を塗布して歯周組織の再生を促します。

メインテナンス
メインテナンス

治療終了後は、3ヶ月~半年に一度の検診をおすすめしております。 歯周病が進行している方は、3ヶ月に一度のメインテナンスを行っております。

診療メニュー
診療方針
審美歯科・セラミック治療
ホワイトニング
歯周病治療
入れ歯(義歯)治療
予防・メンテナンス
浅草インプラントセンター
インプラント治療とは
当院のインプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
無痛インプラント治療
インプラントQ&A
安心の10年保証
料金表
治療例
  • 標準
  • 大
このページの先頭へ